テーマ:菌糸

これで、勝負!

今日は、月1の勉強会 慣れない電車に乗って1時間ちょっと、秋葉原まで行ってきました。 あの事件以来ホコテンもなくなり、九十九電気も倒産なんて・・・ すごい人種が沢山いた秋葉原もなんだか寂しく 普通の町といった感じになってしまったような・・・ 昼休みに過橋米線というちょっと変わったものを食べて帰ってきました。 つるつる…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ガリガリ、トントン、ギュッギュッ、

1400の仕上がりを待つつもりでしたが、 準備が間に合わなくなりそうなので、 週末に菌糸ブロックを先に送ってもらいました。 10ブロックを2晩にわたり、詰め詰めしました。 ちょうど涼しげな日に作業できましたので、それほど苦もなく、 湿度が高かったのがちょっと心配ですが、大丈夫かな? うっすらと菌糸が回りだしています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

菌糸瓶2本目準備

そろそろと思いつつ、暑いので・・・ 当初予定では1本目投入後2ヶ月半で2本目に交換を考えていました。 5月末~6月初旬に投入した菌糸瓶の交換時期が迫ってきているのですが、 菌糸の食いがいまいちなのが多く、ためらうこと数回・・・ この暑さ、詰めるのも一苦労だし、菌糸が上手く回らない失敗も怖いし、 もう少しひっぱろうか?なんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割り出し準備

今期初の菌糸詰め! 既製品もすこし使いますが、空ボトルがすごい数あるので、 基本的にブロック崩し手詰め! 6月初旬の割り出し予定に合わせて、しっかり準備しておきましょう。 産卵セットを見た感じ、たぶん問題なく採れる予定・・・ で、何本用意するか? 100じゃ足りないよなぁ・・・ 夜中に頑張ってガリガリ崩して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菌糸瓶は?

今期使用する菌糸瓶は、どうしましょうか? 産卵セットを組み出しましたので、 割り出し前にちゃんと準備をしておかないといけませんね。 これは、8月初旬に交換した2本目の菌糸瓶、 4月初旬に中の♂幼虫が蛹化したのを確認しました。 交換後8ヶ月経過してもいい感じ・・・(すでに餌としての役目は無しか?) 全部がこんないい状態…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

菌糸詰め

この季節は菌糸ブロックを崩して詰めなおす作業もかなり大変ですね。 それほど大量でもないのですが、少しでも節約をしようとと思って詰めていますが、この暑さの中で行なうと汗だくになり、かなりの労力を必要とします。 (汗が混じってもいいのだろうか?この暑さでうまく発菌しない、、、) 添加剤を加えていろいろ試したいというのもあるのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

添加剤の使用結果

先日、試しに緑の粉を混ぜたカワラ菌糸の中からこんなタラの幼虫が出てきました。 初令で投入しちょうど1ヶ月経っています。 14gに育っていました。そして添加してない瓶からは12gの幼虫が出てきました。 雌雄の判別がはっきりできないので添加剤の効果が判定できません、、、 とりあえず、混ぜてもいけると言う事で、もう少しサンプルを増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

添加剤を加えたカワラ菌糸瓶

緑の粉を混ぜて詰めた菌糸瓶ですがかなり菌糸がまわりました。 少し色づいてクリーム色に覆われてしまいました。 左が添加したボトルで、右が素の菌糸を詰めたボトルです。 かなり差が出ています。 また、やりすぎたか? すでにタラの幼虫が入っています。 食痕がまだ現れていませんが生きているでしょうか? 大丈夫だと思うのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作戦成功?失敗?

以前用意した100均で買った円筒形のボトルにカワラ菌糸を詰めて使用したところ、菌糸が縮んでボトルとの間に隙間ができてしまいそこから劣化してしまうものとそれほど、劣化しないものとばらつきがありました。 詰め方によるのかもしれません。 でも狙っていたのは、いかに菌糸交換時スムーズにできるかだったのですが、その点はボトルの隙間にスプー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空ボトル

100均で空のボトルをいくつか買ってみました。 蓋にドリルで穴を開けてシールを貼ってこれに 菌床を詰めて使ってみたいと思います。 肩口のないボトルなので菌糸瓶交換が楽になればと思って 実験です。 誰かも試していたようでしたが使用感がどうなのか 自分で試してみることにしました。 肩口にぎゅうぎゅうと詰めないことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G-クラッシュ(4)

G-クラッシュを詰めてから7日 だいぶ菌糸が回って来ました。 右側がG-クラッシュをそのまま詰めたもの 真ん中と左側が添加剤を加えて混ぜたものを詰めたものです。 詰め具合は大体同じにしましたが、真ん中の添加剤入りのボトルの発菌が遅いです。             4日目  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G-クラッシュ(3)

今日届いたG-クラッシュ3.5kgをつかって そのまま詰めたものと 配合を変えて添加剤を加えたものを2種、空ボトルに詰めました。 どんな菌糸の回り方をするか後日、写真を撮って公開します。 少量だとちょっと割高かもしれませんが実験しながら楽しみながら 使っていこうと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茸狩り

試しに常温管理している菌糸瓶に茸がいっぱい出てしまいました。 食べれるそうですが、茸は嫌いなので食べる気にはなりませんが、、、 同じように管理していてもメーカーにより茸が出る菌糸瓶と出ない菌糸瓶とあり、どっちがいいのやら、、、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菌床添加剤

菌床に混ぜて使う添加剤いろいろと種類があり次にG-クラッシュを使う際に混ぜてみようと思い、いくつか用意してみました。 初2齢を大きくするのでしたらタンパク系か麦芽、3齢後期はキトサンがいいみたいです。 どれをどれくらいまぜるか考えているとわくわくしてきます。 あまり多量に混ぜると雑菌の混入によるカビや菌床の劣化が早まったりするよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菌糸瓶の環境慣らし

先日、800ccの菌糸瓶に23gのオオクワの幼虫を移したのですが瓶底に落ち着いたと思っていたのですが2週間経って食痕が増えていかないのでおかしく思い掘り出して1100ccの菌糸瓶に移すことにしました。 掘っていてなんだかいやな予感がしたのですが、幼虫が真っ黒になって☆になっていました。 原因不明です。酸欠でしょうか?傷をつけてしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G-クラッシュ(2)

詰め替えをしてから、4日後だいぶ白く菌糸がまわりました。 G-クラッシュ3.5kgから少しゆるめに詰めたので5本のボトルができました。 メーカーいわく「堅すぎずゆるすぎず」が一番だそうです。 詰め具合がゆるすぎますと菌床の劣化が早くなることが考えられ、逆に堅すぎる場合は酸素が不足気味になりますので菌糸も幼虫も酸欠になる可能性がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G-クラッシュ

G-クラッシュという簡単に詰め替えできる粒状菌床というのを使用してみることにしました。 きれいに洗った空ボトルを消毒用エタノールで拭いてそこに袋入りの粒状の菌床を流し込んで 詰め棒で押し込んで終わりです。 詰め具合をどうするか迷いましたが、今回は1100ccのボトル1本の重さが690から700gになるように(ちょっとゆるいかなと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菌糸瓶

オオクワの幼虫を飼育する菌糸瓶ですが、いろいろありすぎてどれがいいのか迷っています。 大きさ、値段、菌の種類、オガの種類などメーカーによって様々で 飼育環境によっても合う、合わないがあるようです。 いくつか使用しましたが、まだどれがいいのか判断できません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more